窯業系屋根

コロニアルクァッド

優れた防災性能

強風に強い

全数釘止め工法で、ズレや飛散を防ぎます。風の抵抗を効率よく見ガス形状設計に加え、一枚一枚の屋根材を4本の釘で固定する独自の釘止め方式で、強風による屋根材の飛散やズレを最小限に抑えます。

大雨に強い

防水設計+高密基材で雨水の浸入を防ぎます。カラーベストは屋根材で一次防水を、下葺材で二次防水する2段階の防水設計。もしカラーベスト裏面に浸水した場合でも、下葺材によって野地板への浸水を防ぎます。

火災に強い

火災の際でも燃えにくい、奥戸交通大臣の認定を取得している屋根材です。屋根の防火規制に対して、国土交通大臣の認定番号を取得。火災時の延焼被害を抑えます。

熱を通しにくい

屋根の重なりが、熱の出入りを抑えます。屋根材の重なりが多い施工後のカラーベストは、外からの熱を伝えにくく、内部の熱も放出しにくくなるため、室内の快適な環境が保てます。
※試験での基材性能評価によるものであり、断熱性を保証するものではありません。

音を通しにくい

音の侵入を抑えて、静かな住居環境に貢献します。カラーベストは重なりが多いため屋根厚が大きくなり、陶器瓦とほぼ同等の遮音性があるという試験結果が得られています。
※試験による音響透過損失を測定したもので、遮音性を保証するものではありません。 陶器瓦は土葺きなしで測定しています。土葺きの場合は遮音性能は変わります。