断熱防水

YP構法

仕様

各仕様共、改質アスファルトルーフィングを採用した耐久性に優れた工法です。

YP-JSX(BANKS工法)

省煙、省臭、省工具を実現化した次世代熱アスファルト工法。
1層目バンクルーフの表層アスファルトを溶かしながらバンクフェースを貼り、水密性の高い防水層を形成します。

YP-SX(ストライプ工法)

熱アスファルト防水の長所である防水性、耐久性はそのままに、1層目ストライプ自着層付ルーフィングを用いることで、溶融アスファルトの使用量を大幅に削減。
溶融アスファルトには、臭い・煙の発生量を抑制した「アスタイトストライプ」を採用。
永年の実績と信頼を誇る、熱アスファルト防水スタンダード仕様です。

YP-SF(冷工法)

全層自着層付改質アスファルトルーフィングから構成される、臭い・煙の発生しない冷工法防水。
充実した副資材やシール材を併用し、熱アスファルト防水に匹敵する水密性を確保しています。

施工例