ベースポスト工法

概要

特徴(メリット)

※財団法人日本建築防災協会発行の「木造住宅の耐震診断と補強方法」による耐震診断法に基づきます

ベースポスト工法とは

戸建住宅の基礎は無筋コンクリート造でも可としていましたが、建設省告示第1347号(平成12年5月23日)により、基礎をベタ基礎、布基礎とする場合は「鉄筋コンクリート造とすること」と改正されました。

これにより、
①既存の戸建住宅を増改築する際、基礎が無筋あるいは有筋でも告示を満たしていない場合
②耐震診断において「基礎Ⅱ」に分類される基礎のため補強が必要とされた場合
には、基礎の改修が求められます。

このような基礎の改修工法として、「ベースポスト工法」は、(財)日本建築防災協会より技術評価(※)を受けています。

この工法は、基礎立ち上がり部分の片側側面(もしくは両側側面)に、(財)日本建築センター評定の溶接鉄筋(ウルトラパネル、BRS工法)と指定特殊モルタル(ウルトラモルタル、ベースポスト・UM)を用いて補強するもので、「基礎Ⅱ/無筋、有筋であっても規定に沿っていない基礎」を「基礎Ⅰ/健全な鉄筋コンクリート造基礎」へと耐震改修することができるシステムです。

※技術評価番号 DPA-住技-24 (平成20年7月)